人の心を動かす文章術。〈第5章〉

 

②月収70万円以下の状態であり、まずは100万円をリスクを取らずに目指したい人

 

 

 

 

あとは、今、月収で月100万円以下の層。

 

この層は、セールスライティングを少しテコ入れするだけで、成果は大きく上がる。

このタイプの方は、こちらのコラムをもう一度読んでおいてね。

 

 

 

少ないお金を大金に変える文章術とは?

 

 

 

小さな資金で、大きな売上を目指す考え方として、

「転換率を高める」

 

 

 

 

という話題がある。

 

 

 

売上100万円以下の場合、
本人の収入や貯蓄状況もそこまで潤ってないので、

 

 

 

いかに少ない資金で、大きなリターンを狙っていくのか?

ここがポイントになる。

 

 

 

 

転換率を稼ぎたい場合、やはりセールスライティングが最も手っ取り早いので、一度ここを学んでみるといいだろう。

 

 

 

 

金の増え方のスピードが変わってくる。

 

 

 

 

③全体的に投資対効果が低く、事業の行き詰まりを感じている人

 

 

 

最後は、売上はちゃんと作れているが、全体的に投資対効果が低い層である。

 

 

 

これも転換率の話と若干かぶってはくるが、投資対効果が低い場合、セールスライティングで全体の数字を持ち上げていかなくてはいけない。

 

 

 

事業の成功基準は、投資対効果300~500%程度である。

 

 

 

要は、1万円の広告費で、3~5万円の売り上げ。

10万円の広告費で、30~50万円の売り上げ。

100万円の広告費で、300~500万円の売り上げ。

 

 

 

これらの数字を満たすために、まずコピーライティングを使う必要がある。

 

 

 

 

投資対効果300~500%という基準を満たせるビジネスモデルなのであれば、あとは、金をじゃぶじゃぶと突っ込んでいくだけだ。

 

 

 

 

1000万円の広告費で、5000万円ほど売り上がるわけですから、
年商1億も、目前となる。

 

 

 

 

投資対効果が出ていない層は、まずライティング見直そう。

 

 

 

直し方に関しては、こちらで紹介していたシートを使うと良い。

 

 

 

稼ぎ型を楽に習得するカンニングペーパー

 

 

 

以上、3つの層は、特に僕のライティング講座で大幅に成長するので、期待しておいてください。

 

 

 

 

次のページは豪華参加特典とともに、ライティング講座の募集開始。

 

続きを読む…

フロントップ