ツイートネタ一覧(ビジネス編)パート3

・賢い人=勝算を見出してからスタートする

・弱い人=欲にまみれた希望的観測でスタートする

 

 

 

 

・賢い人が未知の世界に飛び込むときは、他の賢い人を参考にしている

・弱い人が未知の世界に飛び込むときは、自分の経験を参考にしている

・勝算とは、自分が思うベネフィットと、他人が感じるベネフィットの違いを見極められる力を指す

 

 

 

 

 

・投資は誰かがやってくれるもの、と思っている人種は絶滅する

・入金したら増えていくと思っている人は、クジラに喰われていく

・理解と解釈の違いを追求せよ

 

 

 

 

 

・初心者が大きく稼げる世界など、どこにも存在していない

 

 

 

 

 

・セールストークやセールスライティングが上達しないのは、自分を軸にしているからである

・お客さん目線で考えられない人は、世間のゴミとなっていく

・責任転嫁の代償は、仲が良かった人の態度が急変し、話してくれなくなる

 

 

 

 

 

僕が究極の貧乏だった頃は…

・やりたい仕事を探していたのではなく、喰える仕事をひたすら探していた

今、稼げていないヤツが、やりたい仕事を探すなんぞ、気が狂っているとしか思えん。

 

 

 

 

 

 

・希望的観測など、何の役にも立たないどころか、仕事の邪魔にしかならない

 

 

 

 

 

 

 

・すべてにおいて「無謀」と「挑戦」を混同してはいけない

 

 

 

 

・自由を手に入れる人は、うまくいかないことを真っ先に考え、それを回避する方法を見つけていく

 

 

 

 

・人の消費行動は常に変化していくので、セールスの学びに関しては、終わりなど一切存在していない

 

 

 

 

 

 

・フヌケメンターやフヌケ占い師が「過去を振り返るな」という、腐った迷言を使い倒してきたことにより、日本国民がバカになっていった

 

 

 

 

 

 

・今、あなたが何かに悩んで停滞していたとするならば、何が原因かを、誰よりもわかっているはずだ
 

 

 

 

・あなたのコンフォートゾーンをブチ破ってくれる重要人物は、あなたにとって耳が痛いことを、バシバシ連呼してくる人である

 

 

 

 

 

 

・耳が痛くなることを言う人から逃げていることが、自分の人生を台無しにしている、ということを認めない人が万年貧乏である

 

 

 

 

 

 

・稼げる人は、自分の思い通りにならないとわかっているから、自分の思い通りにいくようなシナリオを作り続けている

 

 

 

 

 

・効率よく集客し、高額収入を確保したければ、100人、200人ではなく、1,000人、10,000人に、広告をし続けなければならない

 

 

 

 

 

 

・メルマガ、チラシ配布、セールスメッセージをすぐにやめる人は、将来お先真っ暗である

 

 

 

 

 

 

・素人のうちは「自分なり」を粉砕すること

 

 

 

 

 

 

後悔は未来への投資である。

 

 

 

 

 

 

ロコミは最も危険な広告手法である。

 

 

 

 

 

 

稼げるシステムを買っただけでは絶対に稼げない。

 

 

 

 

 

忙しいと言う人は、現実から逃げている。

 

 

 

 

 

 

自分が初めて聞いた話を最新情報と思ってしまう情報弱者。

 

 

 

 

 

 

一般常識を正当と思っている人は朽ちていく。

 

 

 

 

 

 

インパクトとは非常識を表す。

 

 

 

 

 

 

爽快な裏切りこそ価値ある広告である。

 

 

 

 

 

 

興味があると答えた人は関心がなくて買わない人。

 

 

 

 

 

 

自称プロは単なる未熟者である。

 

 

 

 

 

 

他人が認めた人が本物のプロである。

 

 

 

 

 

 

社会人素人は偽物を見抜けない。

 

 

 

 

 

 

勉強は最強の投資である。

 

 

 

 

 

 

 

稼ぎ方を知らない人が稼げるわけがない。

 

 

 

 

 

 

売れない商品は存在しない。売れない理由は、欲しい人のところへ情報が行っていない。

 

 

 

 

 

 

ベネフィットが伝わらなければモノは売れない。

 

 

 

 

 

 

オファーが会社の価値を決める。

 

 

 

 

 

 

毛が抜ける原因は頭皮の汚れじゃない。

 

 

 

 

 

 

あなたは 24 時間戦えますか。

 

 

 

 

 

 

 

考えながら行動し、行動しながら考える。

 

 

 

 

 

 

 

一時の感情を捨てて勉強できた人が特殊技術をものにする。

 

 

 

 

 

 

 

わからないことは事情を知っている人に聞かず、実績を出している人に聞くべし。

 

 

 

 

 

 

誰でもやっている「効果が出ない集客法」を捨てることから全てが始まる。

 

 

 

 

 

 

人前に出て話す人が講師ではなく、観客に時間を忘れさすのが本物の講師である。

 

 

 

 

 

 

97%の企業はお客さんを見ていない。

 

 

 

 

 

 

 

マイナスを追求し続ける人だけ必要とされる。

 

 

 

 

 

 

経験者は現実を語る。優秀な投資家は、今すぐ将来のプランを立てる。

 

 

 

 

 

 

商売人は悩み解決人である。

 

 

 

 

 

 

お得感を感じるときは損が消えたときだけ、他人をひがむと100倍の苦しみが襲ってくる。

 

 

 

 

 

 

人生にレバレッジをかけられない人が他人をうらやむ。

 

 

 

 

 

 

順番を間違えると全て壊れる。

 

 

 

 

 

 

モノの大切さを100回学ぶより、1回作ると全てわかる。

 

 

 

 

 

 

本物は臭いセリフを言わない。

詐欺師や偽物ほど見せかけの表現で相手を喜ばせている。

 

 

 

 

 

 

楽しんでいる人は注目を浴びたいと思わない。

 

 

 

 

 

 

自慢と自信を区別できる能力を手に入れるべし。

 

 

 

 

 

 

スマホが現代人の脳細胞を破壊している。

 

 

 

 

 

 

仕事ができる人は必要以上にスマホをいじらない。

 

 

 

 

 

 

この世の最高の財産は、記憶という見えない財産である。

 

 

 

 

 

 

 

自分は何もできないと思う情報弱者は、いきなり完全体を目指す。

 

 

 

 

 

 

成功者は、負けを認めて違う方法を考える。貧乏人は、負けを認めずムキになる。

 

 

 

 

 

 

様子を見るのは行動した後でしかできない。

 

 

 

 

 

 

投資家は自分の決断に投資している。

 

 

 

 

 

 

成功ノウハウ本を読んで成功した投資家なんて、この世に一人として存在していない。

 

 

 

 

 

 

収穫がないのはタネを撒いてないから、成功者はすぐにとりかかり、初めから結果を決めつけていない。

 

 

 

 

 

 

ネット社会になってから学びは通信教育へ。

 

 

 

 

 

 

 

活きたセールス技法は「非常識な師」を見つけなければ手に入らない。

 

 

 

 

 

 

運が良いのか悪いのかは、日々の行動を振り返るとすぐにわかる。

 

 

 

 

 

 

 

 

ネットの無料占いを真剣にやり始めたら危険信号である。

 

 

 

 

 

 

運が悪い人は行動が中途半端で、運が良い人は行動が明確である。

 

 

 

 

 

 

 

失敗は誰の責任でもないと思える人は運が良い。

 

 

 

 

 

 

 

不運な人は勝手に自滅しているだけ。

 

 

 

 

 

 

 

人生の組み立てが上手い人は、自分の足元のゴミを拾う。

 

 

 

 

 

 

 

大それたことと気付かずに平気でやるのがプロである。

 

 

 

 

 

 

 

客は必要なモノではなく「求めているモノ」を提供してほしい。

 

 

 

 

 

 

アナログをバカにする者は、デジタルツールにぶっ壊される。

 

 

 

 

 

 

 

 

本能に訴えるセールスをしていく企業しか生きていけない。

 

 

 

 

 

 

 

情報はタダだと考える人が消えていく。

 

 

 

 

 

 

 

偽物とは、ノウハウは本物と同じだが、実現不可能であり得ない結果が用意されている。

 

 

 

 

 

 

 

失敗したことを挽回しない人は働く意味がない。

 

 

 

 

 

 

 

自動車の運転が上手い人は前方以外を見ている。

 

 

 

 

 

 

売れないのは、売り方が下手なだけ。

 

 

 

 

 

 

 

売り方を知らないのは致命傷。

 

 

 

 

 

 

楽しむならば、損を消していくことから始まる。

 

 

 

 

 

 

金銭的損失より大きな損失が機会損失。

 

 

 

 

 

 

多くの売主は9割だけ提供し、本質は客に渡さない。

 

 

 

 

 

 

たった一通のメールミスだけでも倒産に追い込まれる。

 

 

 

 

 

 

 

人は感情で行動し、理屈で正当化する。

 

 

 

 

 

 

 

セールスが上手い人は他社のメルマガを好んで読んでいる。

 

 

 

 

 

 

 

買うという選択肢しかない人にとって、欲しいモノへの支払いは快感でしかない。

 

 

 

 

 

 

 

売る行為は人助けであり、押し売りが迷惑行為である。

 

 

 

 

 

 

 

人は繰り返すことで脳が活性化する。

 

 

 

 

 

 

 

敵を知らねばメシが食えぬ。

 

 

 

 

 

 

 

収入が増えて生活レベルを上げるから生活苦から逃げられない。

 

 

 

 

 

 

 

欲望だけで生活レベルを上げる人を負け組という。

 

 

 

 

 

 

 

成功者とは、笑っている時間が長い人を指す。

 

 

 

 

 

 

 

我流セールスこそ自殺行為である。

 

 

 

 

 

 

 

すぐにチャレンジしなければ絶対に成功はない。将来の勉強しない人、いつまでたっても貧乏人…

フロントップ