スポンサーリンク




学校教育の目的は【従順な奴隷】を作り、日本を豊かにする事である。

学歴社会の崩壊

強制奴隷収容所

 

僕は、はめられたんだ!

 

強制奴隷収容所」という、無駄なお金を払わせて、個性をぶっ壊す恐ろしい場所に

 

あなたは知っているだろうか?

 

6歳になると、みーんな同じ四角い箱を無理矢理背負わされて、夏も冬も超短パンをはかされて、時間通りになったら全員1箇所に集められ、その恐ろしい収容所へとみんなで一緒に歩いていく

 

「文」と書かれた旗を持つ、大きめの男が、寝坊したり、列からはみ出たり、前との間隔を開けすぎると、「コツンッ!」とその旗でドツいてくる

 

僕

「こいつは一体何の権限があって、文と書かれた旗を持って先導してるんだ。」

といつも思っていた。

 

しかし、雨の日はドツかれない。

 

こっちも頭は傘で守られているし、文と書いた黄色い旗を持った大男も、傘と旗で両手が塞がれている。

 

しかもその大男は雨の日はテンションが低いので、後ろを振り向かず淡々と「強制奴隷収容所」まで歩いていく。

 

しかし、油断は禁物だ

 

列の後ろには、文と書かれた黄色い旗は持っていないものの、大きめの女が目を光らせて僕たちを見張っている。

 

この大女は、手は出してこない代わりに、目には見えない胸の奥ににグサっとくる言葉で攻撃してくる。

 

大女
大女

「おいそこ!ちゃんと歩かんと、脳みそパッカーンと開けてストローでちゅうちゅう吸うたろけ~!」

僕

僕「……ごめんなさい。」

 

なんと恐ろしい大女やと思いながらも、体もでかいし、口からは目に見えないが、心にグサッと刺さる攻撃をしてくるので逆らえない。

 

このように、前と後ろに大男と大女に挟まれながら、「強制奴隷収容所」に強制収容されていく。

 

このような生活が始まったが、逆らえない理由がもう一つあった。

 

それは

 

続きを読む…

この記事に共感してくれる人は、メルマガ登録して下さいね!

※登録してくれた方にはもれなく、特典プレゼント!

 

①0から103万円を生み出す具体的な方法

②在宅・スマホで完結。

高額アルバイト募集!【限定3名様。】

③【広告・集客・営業】を理解して、商品販売する秘訣!

「メルマガ登録」で

全て無料でプレゼント!特典を受け取るにはこちら

https://maroon-ex.jp/fx154643/3KWbIL

スポンサーリンク




学歴社会の崩壊
フロントップ