〈第1章〉経済崩壊のシナリオについて。

 

この辺でクイズでも行きましょかね。

 

正解者にはamazonギフト券3万円分プレゼントだよ。

 

 

では問題…

ーーーーーーーーーー

 

「不要不急の外出は控えましょう!」

これをやり出したのはいつですか?

 

ーーーーーーーーー

 

回答はセッション時でも、個別で連絡してくれてもどちらでも構わないよ

info@fron-top.com

 

 

では本題に戻して…

 

現物紙幣の価値を変えて、ただの紙切れにする。

たとえ億単位の資産を持っていようが0となり、98%の人達がお金を奪われる時代がやってくる。

 

 

 

ほとんどの人たちが避けれないが、

 

 

 

 

事前に対策をしていれば資産を守る事ができる。

 

 

 

 

精神的にも余裕ができるので、冷静な判断もできて生存率は上がるのだ。

 

 

 

 

「そんな事が本当に起きるのか…。」

 

「大げさに不安を煽ろうとしているんじゃないの?」

 

 

 

と思う人もいるだろう。

 

 

 

しかし、僕が2年前からコロナは茶番だ!ワクチン接種をするな!と言い続けてきて、

 

 

 

打たないと判断した人達は、これだけでも救われている。

 

 

 

 

僕と関わらなければ、体内に毒液を注射していた人もいただろう。

 

 

 

 

それぐらい支配層の洗脳は強力なのだ。

 

 

 

 

僕の情報元は支配層側の人もいるし、裏政府の仕事をしている人もいる。

 

 

 

 

ここには書いてはいけない情報もたくさんある。

 

 

 

 

知って損はないが、知らないと損する事ばかりだ。

 

 

 

 

ちなみに…

 

 

 

「経済崩壊」「世界支配層」「計画通りの情勢」

 

 

 

という話を聞いて、あなたは何を感じましたか?

 

 

 

 

「でた!陰謀論でしょ」「うさんくさいね」「なにそれ(不審感)」

 

 

 

 

これらの感情になった人は、すでに支配層に洗脳されている。

 

 

なぜならば…

 

 

陰謀論という言葉はCIAが作った言葉だから

「陰謀論」という言葉は、ネガティブなイメージを持つように、CIAによって意図的に作られた言葉なのだ。

 

 

 

 

「陰謀論」にネガティブなイメージを植え付けることで、「真実」に近づかれないように操作したのだ。(この話は歴史的事実であり、公的資料が公開されています。)

 

 

 

 

もっというと…

 

 

そもそも陰謀論というのは、公に出ないから陰謀というのであって、支配層の中でもトップ層しか知らないことを陰謀論という。

 

 

 

一般に情報が出ている時点で陰謀でもなんでもない。

 

 

 

今から10年前は、新型コロナは陰謀論として上がっていただろう。

 

 

 

しかしその当時、ウイルスで経済崩壊が起こる事は誰も言ってなかった。誰も知らないから当然だ。

 

 

 

つまり、誰にも知られてないことが本当の陰謀である。

 

 

 

なので、もしあなたも

 

 

「陰謀論=うさんくさい」

 

 

といったネガティブなイメージを持っているなら、洗脳工作の影響だ。

 

 

 

まずは、洗脳に気づき、陰謀なのか事実なのかを冷静に受け入れて、調査したり、情報を集めて調べたりする事が、これから起こる世界的大恐慌を生き残るための第一歩となる。

 

 

 

 

続きを読む…

フロントップ